内科とその仕事について

内科医の仕事は多岐に渡る

内科医は開業しやすく、最も人数の多い分野で現役医師のうち3分の1が内科医と言われています。内科医と一言で言っても実は多様な科があります。呼吸器、消化器、循環器、神経内科、糖尿病内科など、様々です。人数の多い印象のある内科医ですが、実は内科医は不足しています。なお、最近では、糖尿病、高血圧、脂質異常症など、「生活習慣病」と呼ばれる分野の病気を持つ患者が増えています。生活習慣病は自覚症状がほとんどない中で進行し、脳や心臓、血管などに悪影響を与えます。患者数が増えるなかで、内科医の役割は増え続けており、慢性的に内科医が不足しているのもうなずけます。呼吸器、消化器、循環器、生活習慣病など、いずれにしても内科医に求められるのは患者との円滑なコミュニケーションです。そのため、医師としての専門性を高めるだけでなく、わかりやすく症状や治療法を説明する力が求められます。総合内科医には内科以外の科へ患者を紹介する能力も求められます。また、日本が超高齢化社会に突入するなかで、増えている在宅医療や訪問診療などについても、内科医が担当する守備範囲となっています。例えば、胸の痛みがあるときはまずは何科にかかりますか。おされるような胸部の痛み、また、その痛みによる腕、頸部への放散。過去に経験したなかでも、最も強い痛み、またそれが30分以上続くなどの症状が出ている場合には、「急性心筋梗塞」が疑われます。なお、激しい運動後に起こることはまれで、発汗、呼吸困難、動悸を伴います。発症2時間以内に50%以上の患者が死亡する。そのため、重篤な胸痛の場合は、疑わなくてはならない。こういった場合、まずはやはり内科に皆様かかるのではないでしょうか。心筋梗塞の痛みに似ているが、20分以内に痛みがおさまり、それほど強い痛みではないものに「狭心症」がある。精神的ストレスによって生じることもあり、他にも甲状腺中毒症、貧血、拡張期低血圧によって誘発されることもあります。ウイルスに感染することによる発生する胸痛もあります。また、乳がんによる悪性腫瘍による胸痛、肺がん、リンパ腫による胸痛もあります。また、肺疾患による胸痛、飲酒、外傷、胃粘膜を障害するステロイド薬の使用などによる胃炎、過度の運動の後に起こる胸痛もあります。結局ないかにかかっても精密検査が必要な場合も多くありますが、一番門をたたきやすいのが内科かもしれませんね。

●参考サイト:「西新宿の内科なら新宿駅前クリニック

花粉症と内科

花粉症は現代人には頭の痛い病気の一つです。しかも、突然発症するので、花粉症でなかった人が突然なるケースから、自分がいつなるかわからない病気と言えます。花粉症と言うと耳鼻咽喉科ですが、内科でも診断および薬の処方は可能です。なお、花粉症はアレルギー性鼻炎ともいわれます。症状としては鼻水、くしゃみ、鼻づまり、発熱、目の充血などです。なお、花粉症は花粉の飛び始める2週間前くらいから症状を抑える薬を使用始める治療が有益です。花粉症などのアレルギーは、症状が出て悪化すると薬が聞かなくなる傾向にあります。そのため、花粉の量が増え、花粉症の症状が出る前から予防として薬を飲むことが望ましいのです。ちなみに、花粉症は花粉を吸い込んだ量が多いほど、発症する確率が上がると言われています。そのため花粉症でない人も、予防することには意味があります。なお、花粉症の対策には、花粉をなるべく吸い込まない。という対策が挙げられますが、花粉は木綿の衣服にはつきやすいのが特徴です。もし、木綿かウールから悩んでいるのであれば、ダウンジャケットなどのウールの素材にするのが良いでしょう。いずれにしても、花粉症については耳鼻咽喉科だけでなく、内科でも眠くなりにくい薬などの処方がされているケースがありますので、足を運んでみることです。仕事中など、出先やランチタイムに病院に行きたい場合は、新宿など都心部の病院へ行くことも一つの方策です。内科の仕事と内容WEBサイトのTOPへ戻る

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、 それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、 当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、 時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

管理人からのメッセージ

内科とはどんな仕事をしているのか? このページではみなさんのそんな疑問を一緒nい考えていきたいと思います。