内科とその仕事について

呼吸困難や喘鳴

呼吸困難や喘鳴が発生している患者の症状については、患者のバイタルサインがあるか否かが気になります。呼吸数は至急の処置を要する可能性があります。低血圧を伴っていればアナフィラキシー、排水種合併の急性心筋梗塞、肺塞栓症を示唆するかもしれません。急性肺水腫は心筋梗塞後に起こりうるものでです。また、幼児期の気管支喘息の病歴があるかも、発作誘発はあり得ます。薬物や貝類などの物質に対するアレルギーの既往歴を確認することで、より慎重な処置をとることができる可能性があります。びまん性の喘鳴が起こる要因の一つとして、急性気管支痙攣があるそうです。気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患の急性憎悪、アナフィラキシー反応で起こり得るようです。心臓端息の最初の徴候が喘鳴のこともあります。肺水腫の他の所見を伴っていないか調べた方が無難でしょう。放出される関連物質によって低酸素血症だけでなく、気管支攣縮も現れたりするようです。嚥下困難の既往、咳、体重減少、食欲不振が出現し得ます。患者は喋れなくなったり、飲み込めなくなったりするケースがよくあります。内科の診察において発熱は感染性原因を示唆するかもしれません。口腔内を十分に観察して、頭部、眼球、耳、鼻咽頭部などに血管性浮腫が頸部になりか観察します。いずれにせよ、専門の医師の判断をあおいだ方が無難でしょう。 

喘鳴の検査データ

喘鳴の検査データには、動脈血ガス分析が必要な場合があります。炭酸ガス値の上昇は重篤な換気不全を表しているケースがあります。換気血流比不均等のため気管支攣縮の際は通常低酸素血症も伴っている場合があります。白血球の数の増加は、潜在的な感染症の存在があるかもしれません。好酸球の増加は喘鳴がアレルギー性あるいは気管支喘息であることの可能性があるようです。心電図で急性心筋便即や虚血がわかります。また、胸部のX線検査によって、喘鳴を引き起こすほどの肺塞栓は胸部X線上で明白になることもあるようです。治療は診断に従って異なりますが、鑑別や検査はどのような初期治療をすべきかという暫定疱疹を決めるに役立ちます。気管支攣縮はメチルプレドニゾロンを急速静注で投与したり、喘鳴の場合は、メチルプレドニゾロンを急速静注するなどの対処法があります。内科で静脈拡張と不安を軽減するために使われるのがモルヒネです。モルヒネは呼吸の中枢を抑制し、挿管を必要とする深刻な呼吸障害を引き起こすケースもあるようです。炭酸ガスが貯留することがなければ、非再吸入器マスクによって酸素を投入することになるケースもあるようです。

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、 それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、 当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、 時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

管理人からのメッセージ

内科とはどんな仕事をしているのか? このページではみなさんのそんな疑問を一緒nい考えていきたいと思います。