内科とその仕事について

便秘と内科

軽い便秘であっても、重い便秘であっても、いずれにしても便秘を解消させることは大事です。正常な排便の習慣は、1日に3回の排便から1週間に3回など、人によります。1週間以上便秘が続いているのに放置し、病気に気づかないというケースは思わぬ大病のもとになるので注意が必要です。なかでも、血便や嘔吐、激しい腹痛がある場合には、早急に病院に行きましょう。そうでない場合も、便秘になったら内科へ行って、医師の診察を受け、適切な薬や治療法を施すことが大切です。一時的な対処両方ではなく、根本的な治療をすることが大事ですので、「ストレスを解消する」「筋トレやストレッチを習慣化する」「冷えを防いで血流を促進する」など生活習慣を改善することを忘れないようにしましょう。また、食べ物による影響も多いのが便秘です。自分の生活態度を見直し、食べているものをバランスよいものに変えて行きましょう。特に食物繊維が豊富な根菜や海藻を積極的に取り入れると良いでしょう。

便秘の種類と対処法 

便秘の種類はいくつかありますが、大腸の筋肉のゆるみが原因となる「弛緩性便秘」、「ストレスが原因となる「けいれん性便秘」、肛門、腸、胃などの器官の疾患に由来する便秘である「器質性(きしつせい)」の便秘などがあります。なお、便秘は全身性疾患、胃腸疾患、神経学的状態など、様々な要因から引き起こされます。全身性疾患では、多くの薬物の副作用によっても、引き起こされています。また、甲状腺機能の低下、糖尿病、代謝の変化に伴う便秘などもあります。胃腸性疾患では、良性や悪性の腫瘍が原因で便秘が起こる場合もあります。また、直腸炎や痔核など炎症性疾患で炎症性病変などによって、患者が排便を避けることによって便秘が引き起こされる場合もあります。急性の閉塞が懸念される場合には、緊急腹部X線検査や大腸内視鏡による検査を行う必要が出て来ます。検査によって、閉塞している場所がわかります。また、部分的な閉塞あるいは腫瘤などはバリウムによって検査する場合もあります。便秘の解消として、緩下薬と浣腸が挙げられます。速攻作用のある腸管刺激剤なども挙げられます。もし、閉塞性、炎症性がある場合には、抗炎症薬や抗生物質などでの治療が有効です。また、便秘を引き起こす薬を服用している場合には、早期に中止させましょう。内科の仕事と内容WEBサイトのTOPへ戻る

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、 それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、 当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、 時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

管理人からのメッセージ

内科とはどんな仕事をしているのか? このページではみなさんのそんな疑問を一緒nい考えていきたいと思います。