内科とその仕事について

痒み

痒みは通常、内科などで診断された場合、迅速な対応が必要とされませんが、痒みが他の主要な疾患の手がかりとなる場合もあります。特定の原因として挙げられるのは、アナフィラキシー反応、乾皮症、尿毒症、胆汁うっ滞、血液疾患、接触性皮膚炎、湿疹などらしいです。乾皮症は、入浴時間と入浴回数を制限し、刺激の少ない石けんを使用するなどの対処法をとる必要があります。アルコール入りのクリームは避ける必要があります。加湿器、ワセリン、ステロイド軟膏も有効なケースもあるようです。尿毒症はコレスチラミン、リドカイン静注、中派紫外線照射は尿毒症に起因する痒みを軽減することができるケースがあるようです。接触性皮膚炎の場合、皮膚炎の原因となっている物質の除去が必要となるらしいです。皮膚が直接接触しないような措置をとる必要があります。軽症例については、局所ステロイド療法が行われているようです。重症例や全身に病変のある場合は、ステロイドの全身療法を行う場合もあります。単なる湿疹の場合には、軟化剤とステロイド軟膏を処方するようですが、専門の医師の判断を仰ぎましょう。対症療法として、抗ヒスタミン薬は痒みの症状を緩和するようです。他にも、内服薬として、ジフェンヒドラミン、シプロヘプタジン、ヒドロキシジン(アタラックス)などが投与薬となるケースがあります。

全身の痒み

気力減退や全身の痒みを訴える患者に対する確認項目として、痒みが限局しているか全身性のものなのかを確認するのは内科の診断で大切になるポイントです。頭部であればアトピー性皮膚炎、毛砲炎、シラミ寄生症。手や前腕、上腕であればアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、湿疹など。手や前腕、上腕であればアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、疱疹状皮膚炎。体幹であれば、接触性皮膚炎、シラミ寄生症など。鼠径部であればカンジダ症、接触性皮膚炎など。肛門であれば、接触性皮膚炎、淋病、痔核。などが疑うのが良いでしょう。入院患者の痒みの原因は、ほとんど接触性皮膚炎から薬物から来る者が多いようです。アナフィラキシー反応は、患者の生命に危険を及ぼす病態の鑑別診断をする必要がある場合もあります。また、痒みの原因として、全身疾患や皮膚異常に関連したものも、考える必要があります。痒みについては、重篤な全身疾患やアナフィラキシー反応の徴候がなければ、通常、痒みは迅速な対応が必要とされないケースが一般的です。しかしながら、痒みが特定の隠れている原因が確定し、それに応じた治療が開始されるまで単純な方法で対応されるのが一般的です。いずれにせよ専門の医師の判断をあおいだ方が無難でしょう。

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、 それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、 当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、 時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

管理人からのメッセージ

内科とはどんな仕事をしているのか? このページではみなさんのそんな疑問を一緒nい考えていきたいと思います。